私事のブログ

ただのチラシの裏

Entries

英雄*戦姫GOLD レビュー

 ハロレディやるって言ってたけど・・・・結局英雄戦姫を一度終わらせました。というのも、英雄戦姫GOLDで検索をかけてこられる方が大変多いので・・・。一度クリアしてレビューしたほうがいいかなと。レビュー・・・というのもアレなんですが、大体どういう作品だったのか、前作にはなかった期待のあの子のシーンはあるのかみたいなことを書いておきます。

 wiki見たらわかるんだろうけど。


目次 いや、リンクとかないけど

①誰のイベントシーンがあるのか教えて!

②難易度は?

③前作との違い

④やり込み要素は?

⑤ぶっちゃけ買いだった?あと、綿菓子に関して何かある?ついでに覇王様はどこにいるの?

⑥次回作に望むことは?

⑦最後に


①誰のイベントシーンんがあるのか教えて!

 全68のシーン再生が可能です。ギャラリー・シーンの左上隅を1―1とします。
「横列 ― 縦列」の形で表します。(つまりは一番左下隅は4-1です)
 備考が記載されていないシーンは、基本的に本番ありだと思ってください。

1ページ目

1-1 伊達政宗+卑弥呼(3P)
1-2 伊達政宗
1-3 源義経「服が破け胸チラのみ」
1-4 源義経
1-5 武蔵坊弁慶
2-1 織田信長
2-2 卑弥呼
2-3 安倍晴明
2-4 ヤマトタケル
2-5 始皇帝
3-1 始皇帝+孫子(CGは素股にとどまっているがヤってるらしい)
3-2 三蔵法師
3-3 アショーカ王
3-4 フビライ・ハン+マルコ・ポーロ(3P)
3-5 ジャンヌ・ダルク
4-1 ヴラド・ツェペシュ
4-2 石川五右衛門
4-3 カメハメハ
4-4 ティーチ
4-5 ドレイク(お着替え・全裸)

2ページ目

1-1 ドレイク
1-2 ウィリアム・キッド
1-3 アルビダ
1-4 コロンブス
1-5 ビリー・ザ・キッド
2-1 ペリー カメハメハ(主人公とカメハメハの情事を、ペリーが覗き見しながらO72)
2-2 ジェロニモ+卑弥呼(3P)
2-3 アレキサンダー
2-4 アリストテレス
2-5 ワイナカパック
3-1 ナポレオン
3-2 ナポレオン
3-3 カエサル
3-4 ネロ(テルマエで全裸コンサート。エロは無し)
3-5 ベートーベン
4-1 マゼラン
4-2 クック(タコ足に衣服を引き裂かれ全裸に。エロは無し)
4-3 マリー・アントワネット(くちで)
4-4 マリー・アントワネット
4-5 アーサー

3ページ目

1-1 ガウェイン(ロリ体型でO72)
1-2 ガウェイン(大人体型とロリ体型が、情事中に行ったり来たり)
1-3 ガラハド
1-4 ベイリン
1-5 ランスロット
2-1 パラメデス
2-2 ケイ(手コキ)
2-3 ケイ(風呂場で着替え中のケイとばったり それ以上はない)
2-4 ケイ
2-5 ユーウェイン(ほぼ全裸で湖に浮かんだ木の実拾い わかってるだろうがそれ以上はない)
3-1 ボールズ
3-2 パーシヴァル(くち+本番)
3-3 モードレッド+ボールズ(お風呂シーン)
3-4 モードレッド(くち)
3-5 ノストラダムス
4-1 イヴァン雷帝
4-2 ラスプーチン
4-3 ツタンカーメン
4-4 クレオパトラ(くち+本番)
4-5 ハンムラビ(帽子は無いよ!)

4ページ目

1-1 ギルガメシュ
1-2 エンキドゥ
1-3 アキレス
1-4 ジークフリート
1-5 太公望
2-1 クー・フーリン
2-2 孫六兼元
2-3 オープニングムービー


 全シーン書き出しました。前作になく切望されていた古代英雄勢を加えてくれましたね。褒めてつかわす。


②難易度は?

 1週目は ノーマル ハード ベリーハード この3つから好きなものを選べます。戦闘をガッツリ楽しみたいという方でなければノーマルでいいのではないでしょうか。ノーマルとベリハでは、シャンバラ6層のモンテズマちゃんの体力に天と地ほどの開きがあります。3倍?
 2週目はこの3つの難易度にナイトメアが加わり、獲得したトロフィーポイントに応じて引き継ぎ要素を好きに選択することができます。


③前作との違い

 大部分の方が気にしていらっしゃるのが公式で全然わからないんだけど、前作とシナリオ違うの?という部分だと思います。以前の記事に書いたのですが、シナリオは前作とは全く違います。前作ではぶん投げっぱなしだったのが、今作ではすんなり理解できる結末になっていました。前作はそれはそれで、いろいろ深読み出来て好きだったのですが。
 各キャラのイベントですが「あれ、前作もこんな筋書きだったよね?てか使いまわしてるべ?」と思えてしまうのがいくつかありました。だよね?まぁ全部じゃないしどうでもいい。
 
 

 具体的にどういうふうに大筋が違うの?という方のために、大雑把なネタバレシナリオを書いておきます。(以下反転で見ることができます。ネタバレが嫌いな方は絶対に見ないでください。これを読むことによってプレイの楽しさが損なわれても、当方は責任を負えません。)


 書いておいてなんですが、物語(ゲーム)が始まる以前の話しから、時系列を整理して書き出しています。

 いきなり主要キャラや用語のネタバレから入りますので気をつけてください。

 まじでゲームの「はじめから」から「スタッフロール」までを書いてしまっているので反転にしているわけですが、問題があるようならご一報ください。削除検討いたします。とは言うものの筋書きだけなのでゲームの戦闘や各キャライベント自体に触れることができるわけではありません(当たり前だが)。だから大丈夫だろう。きっと多分。

 ラストバトル付近は、管理人の迸る暑苦しい情念(パトス)が振り切れなかったため、やや小説風になっております(そのつもりはなかったが)。俗に言う「リリックきちゃうっ!!」というやつです。アンゴルモアさんというほどではないので、アンコロモアさんあたりが僕に力を与えてくれたのでしょう。それでは、ネタバレ大丈夫という方だけ、お時間がおありであれば反転をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

主人公・・・パンドラの従者であり、本来の役目を放棄しパンドラのために闇のちからの研究を重ねるロキによって作成された「人の形をしたパンドラの箱の予備」。

ラスボス(幕間の???)=パンドラ・・・世界に存在する負の感情が凝縮し、そこから生まれた存在。世界の闇を司り、世が戦争や悲しみで満ちてしまった時に、その原因を破壊する役割を持つ者。不自由で孤独である自らの在り方を嘆き、自分の事など知りもせずに明るい場所でのうのうと生きている人間たちを妬み、人間のみを世界から消そうとする。

ユーグ・ド・パイヤン=ロキ・・・古代英雄。マーリンとパンドラの間を行き来し、世界の光と闇の均衡を測るバランサーの役割を担う。パンドラの従者(パンドラとマーリンの従者?)。主であるパンドラの悲しみに共感し、マーリンから自分に関する記憶を消去した後、パンドラの悲しみを癒すために暗躍する。


聖櫃・・・闇エネルギーを蓄える為の貯蔵庫。

パンドラの箱・・・聖櫃とは違う、パンドラが持つもう一つの箱。パンドラの力の源であり、厄災の力を貯蔵しておくことができる。

災いの穴・・・大きすぎる厄災の力を持つパンドラが、その力で外の世界を害さないために封じられている場所。世界に厄災が満ちたときのみ、パンドラはこの穴から外に出ることができる。ロキは独自に抜け穴を造り、外に出ることができるが、パンドラほどの大きな存在は、その抜け穴を通って外に出ることはできないようだ。

暗黒領域・・・かつてパンドラが、その厄災の力を振るった大地。以前は「天国の地」と呼ばれるほどの場所だった。

黒い影・・・暗黒領域に存在する人のような黒い影。人間を滅ぼそうとしたパンドラの力によって闇のみの存在にされてしまった人間の成れの果て。パンドラからは「厄災の種」と呼ばれる、人を襲い闇のエネルギーを振りまく存在。

闇の玉・・・闇の力を凝縮させた球体。闇の力とは、世界にある妬みや憎しみ、悲しみといった負の感情である。災厄の力とも言う。

テンプル騎士団・・・闇の力を集めるために、ロキが闇の玉を使って洗脳した人間たち。物語終盤では、すでに人の枠からは外れ魔物に近い存在になってしまっている。


 パンドラが世界中の人間を消すために、暗黒領域にてパンドラの箱の蓋を開ける。同行させられていた主人公は、被害が広がるのを食い止めようと蓋を閉じる。中途半端な力の解放で箱を閉じたために厄災の力が足りなくなり、パンドラとロキは主人公を連れて災いの穴に引き返さざるを得なくなる。

 このことで主人公はパンドラの怒りに触れ、幽閉される。


 再度パンドラの箱と災いの穴を開くには闇のエネルギーが足りず、それを開くためにロキが闇の玉の魔法を編み出す。(時系列が前後しているかもしれないが、ここで魔法を作っていたと思った)

 闇の玉を使ってエネルギーを集めることになり、主人公は箱を閉じた償いのために(パンドラとしては思い直して自分の味方になってもらいたいという思いもあっただろうが)協力するように説得されるがこれを拒み続ける。


 事を起こす直前の説得にも失敗するパンドラ。ロキは自分たちの枷になりかねない主人公を処分することを進言するが、パンドラは処分に踏み切れない。そこでロキは、主人公を外の世界の海に捨てることを提案する。その際、ロキの魔法により、主人公は記憶を封じられる。この記憶のロックは、闇の玉を一定数集めることで段階的に解除されていく仕組みになっており、最後の闇の玉を回収することで全ての記憶のロックが外れる。
 つまりは
新大陸を救うために闇の玉を集める ⇒ 段階的に思い出されるため、肝心な部分がかけている記憶 ⇒ 最後の闇の玉を集めたことにより、記憶ほぼ完全に復活 ⇒ 闇の玉集めはただ単にパンドラやロキの思惑に加担しているだけだと認識できるようになる
 という、ロキの嫌がらせ(嫉妬や、パンドラを孤独に追い込んだ事への憎しみもあるだろうが)である。後にロキは、これを「好きな人以外に嫌がらせをするのは趣味じゃなかった」と主人公に告白している。この「好きな人以外に」という意味をどう捉えるか。これが正直なところ今作の最大の謎かと思われる。
 
 時間差で主人公だけが知る解決の糸口を思い出すように仕向けているというのがパイヤンの談。


 主人公、運良く海流に流されジパングに漂着。それがしに拾われる。主人公はそれがしに言われるままに、仙台「表の代表」として、ヤマトタケルの統治に反旗を翻す。


 ジパング統一。主人公、ジパング王に即位。USAへ。


 USA統一。パイヤンが魔法で新大陸の火山帯に噴火を封じエネルギーを蓄積させ、周囲に結界を張り立ち入れなくする。結界を解除し噴火を防ぐには、闇の玉を集める必要がある。主人公は新大陸を救うための闇の玉集め、ひいてはそのあとに起こるかもしれない世界の危機に対抗するために世界統一を目指す。

 ただし、このときのパイヤンの魔法であるが、火山云々はブラフである。ただの結界を貼る魔法だった。記憶が段階的に回復する主人公に闇の玉集めの正当性を持たせるために、さらには「新大陸を救うためと思って集めていた闇の玉が、実は人間の滅ぼすための手伝いだった」ということを、記憶が復活したあとの主人公に思い知らせるための嘘であった。


 世界統一。闇の玉を、聖櫃に全て回収する。このことによって災いの穴が再び開く。

 ジパング軍、火山の噴火を阻止すべく新大陸へ。


 パイヤンと対面。
 主人公、時間差で記憶がほぼ全て(?)復活する。パンドラとロキの思惑に、自分が加担しているだけだったという結果を知る。同時に、唯一理解していた解決の糸口を自ら逃してしまったことを理解する(闇の玉を集めなければ災いの穴は開かない=痺れを切らしたロキが玉を回収、もしくは新たな手立てを実行に移すのを阻止しつつ、世界中で闇の玉やロキの同行を見張れば、統一国家となったジパングは災いの穴の解放を阻止し続けることができた、ということであろう)。

 パイヤン、用済みになった聖櫃を破壊。闇の玉を自らに取り込み、ジパング軍に戦いを挑む。その過程で闇の力を自らに蓄積させ、「古代英雄ロキ」としての本性を現す。

 ジパング軍を見逃す形でその場を去るロキ。主人公は己を奮い起こしパンドラとロキに戦いを挑む。



 
 災いの穴へ進軍するジパング軍。ここで未だかつてないほどの「大ビリー劇場」が開演する。ビリーの偉大すぎるほどの何も考えていない無鉄砲な勇姿に勇気づけられた一行は歩みを進め、災いの穴の深部にてパンドラ、ロキと邂逅する。


 パンドラの箱の予備である主人公は、光の力の象徴である英雄達と心を通わせることによって、その内に光の力を道させていた。「光の箱」とも呼べる存在になっていた主人公と、それに付き従う仲間たちの強い光の力によって、戦いの趨勢はジパング軍に大きく傾いているかに見えた。
 しかし、思いもよらぬ誤算によって追い詰められたロキは、主人公の「光の箱」の力を上書きするために、パンドラの持つ箱の力を完全に解放するように進言する。人間のみに留まらず全ての生き物を死滅させ、世界を不毛の大地にするほどの闇の力を解き放つ事にためらいを覚えるパンドラだが、ロキの覚悟に後押しされて箱の蓋を開く。あまりにも大きな闇の力であるがゆえに、自分たちもただでは済まないことを理解しながら・・・。
 二人は解放された闇の力の影響を受け、一つの「厄災-ディザスター-」として顕現する。


 死闘(というほど強くはないが)の末に勝利を掴むジパング軍。しかし、勝利に沸くジパング軍の中で、主人公の体は崩壊へと向かっていた。
 パンドラの箱から溢れ出た厄災によって、穴の外の世界は滅びの危機に瀕していた。その闇の力を中和するために「光の箱」と成った主人公に内包された光の力が、自身の解放を求めて、主人公の意思とは無関係にその体を破壊しようとしていたのだった。
 自らにはどうすることもできない事態に、万感の想いを込めた感謝の言葉を皆に残し、主人公は意識を失う。消え行く意識の中、耳に響くのは、姉の「諦めることなど、死ぬことなど許さない」という叫びだった。



 暗い世界で、パンドラは泣いていた。

-みんなと一緒に居たかった。色々な感情を共有して、仲間としてそばに居たかった-

 それを拒ませたのは、ほかでもない彼女自身の力。厄災を纏い、時にそれを壊す使命。誰かを寄る辺として縋れば、闇の力は必ず良くない事を引き起こす。彼女を仲間として受け入れてくれるかも知れない人々相手に。それは叶わない望み。適えてはいけない望み。

 彼女は泣いていた。
 望んだ「世界の破壊」など、本当はただの八つ当たり。そう解っていたと。どれだけ望んでも手に入らないのであれば、壊してしまうより他ないのだと。そうとしか考えられなかったのだと。

 彼女は、ただ、泣いていた。道を見失った迷い子のように。

-厄災である自分は、人と共に生きるなどという望みは、抱いてはいけなかったのだろうか-



  - なぜ、自分は生まれたのだろう・・・ -



    - 一人はもう、いやだよ・・・こんなことでグズグズ言う自分も・・・ いや・・・-





 ロキはその嘆きを、闇の中で静かに聴いていた。
 諭す様に、言う。自分たちは、光の箱と成った彼の手で解放されたのだと。だから、もういいではないか、と。
 その声はただ優しく、悲しみに視界を奪われ、蹲っていたパンドラの心に、深く、染みた。
 そして、パンドラが元から「持っていたはずの宝物」のカタチを、今、伝える。


 - 一人だったなどと、連れないことを言わないで欲しい。あなたのそばには -

     - 私が、居たのだから-

 それは、パンドラに近すぎた余り、目に見える世界からこぼれ落ちていた輝きだった。当たり前すぎて、ずっと忘れていた暖かさだった。

 厄災の名を持つ少女は、彼女だけの宝物を手を取り、世界に満ちた厄災(自分)を壊すという使命を終えようとしていた。
 繋いだ手は強く。もう、それを忘れない様に。


 そこに「彼」が来た。
 ジパングの王であった箱は言う。光の力を外に出すために、箱であるこの身は壊れるより他になかったのだと。
 ロキは笑った。残された者たちのために世界を守ったのか。お人好しだ。似合いの幕引きだと。だが・・・本来、それは自分が負わなければならない責だったのだ、と。
 世界の光と闇のバランスを測る役割を持った古代英雄である彼女こそが、光の箱たらなければならなかったのだ。しかし、彼女は主の悲しみに共感してしまった。理解をしてしまった。主の望みを叶えるために、自らの役目を放棄したのだ。

 彼女や、彼女の主が望んだ通りの結末は得られなかったが、悔いはない。愛する主は、憎しむほどに焦がれていたモノの、その「手」に触れていたことを思い出したのだから。
 ロキは、彼に感謝を伝えた。自らが作り出した道具が、彼女の予想を超えた結末を連れてきたのだ。


 何かが 開く音がした


 ロキの感謝が、形になって主人公に届く。造り主が、その責務を果たしたのだ。自分がいなくなる世界に残される、壊れてしまった忘れ物。その破片を捨ててしまうのではなく、元通りに組み上げて、自らが去りゆく世界に遺す。それは、この結果を導いたことに対する礼なのか、それとも、主が望んでいた願いを体現してみせた「希望」に対する餞別なのか。

 - 本当は、好きな人以外にいじわるをするのは、趣味じゃなかったんですよ - 


 ロキの唇が別れを紡ぐ。パンドラも、拗ねたように鼻を鳴らす。彼女らしい最後の挨拶だった。





 主人公を不安そうに囲むジパングの面々。彼が瞼を開くと、その不安が歓喜に変わった。彼は言った。気を失っている間にパンドラやロキと話した事を。ロキが崩れゆく自身を救ってくれた事を。



 ビリーさえ主人公の帰還3クリックで彼を気遣う声をあげていたのに、綿菓子は説明だけだった。ありがとう綿菓子。ちゃりんこりんりーん。



 かくして、世界崩壊の危機は去り、統一国家ジパングに平和が訪れた・・・かに見えたが。

 ジパングが主人公を独占しすぎていることに不満を持った各国の英雄が、持ち回りで彼を接待するために各々の国に招待することを提案。その後、一番居心地の良かった国を選んでもらい、そこに住んでもらうのだとか。
 弟をできる限り独占したいそれがしが、この提案を突っぱねようと鎖国を決意。統一国家の基軸の列島だけが港を閉じることを果たして鎖国と言えるのかは別として、政宗がゴネることは予想されていたらしい。ブリタニアから手紙が渡される。そこにはこう書かれていた。

 宣 戦 布 告 状

 USA、大華帝国、EU、マケドニア・・・強大な力を持つ属国が、我も我もと戦いに参じる。仙台城内での、小さな世界大戦勃発である。

 ベイリンはジパング王を独占したいがために、ブリタニアへの協力を拒む。

 パラメデスはジパング王独占のための独立戦争を決意する。

 ケイは、争いの火種をなくそうと、世界をすべた獣を焼却処分する事を思い立つ。それを見たプーチンは、ケイの波動砲の射線に身を投げ出すことで、光の中でのジパング王との融合という快感を夢想する。

 アーサーに取り付かれ、ビリーに股間に生えた草薙剣を握られた世界の王は、波動砲の光の輝きの中に消えてゆくのであった・・・。


 世は押し並べて事もなし


-------------------------------------------------------------------------------

 あ、ちなみにこのあとに仲間にしているキャラ全員の「その後の様子」が大体1キャラ5クリックほどで流れます。全員仲間にしているとすごく長いです。イベントの順番はランダムのようです。


④やり込み要素は?

 五十重塔、シャンバラ、各地の神討伐、地獄門への挑戦など。
 周回プレイでの引き継ぎなど。
 装備コンプリート。
 トロフィーコンプリート。


⑤ぶっちゃけ買いだった?あと、綿菓子に関して何かある?つでに覇王様はどこにいるの?

1.ぶっちゃけ買いかどうか

 ぶっちゃけ買い。後悔はない。

2.綿菓子に関して

 あいつってちぎると増えるんだぜ。グレムリンに近い存在だよな。蹴ってもよく飛ぶらしい。ちゃりんこりんりーん。

3.清楚ちゃん
 項羽さまはまじこいA-1~A3のどれかを買うとついてくるシリアルコードを、天狐の公式TOPにあるリンクから飛んだ先のダウンロードページに入力するとお迎えできます。1シリアルで2回認識してくれるらしいです。あと5清楚残ってます・・・。つってもまぁ、アンケートシリアルだし配布とかできんわけだけど・・・。と、表向き言っておく。どっかで流れてそうだよね・・・。あれって流したら違法なんかね?流さんけど。他社の作品についてきたアンケートシリアルで無料ダウンロードできる実質有料のコンテンツって、法律に引っかかるの?分類がわからん・・・。

 覇王様の出現条件は、大崋帝国を領土にしていることでしょうかね。ちなみに固有イベントもあります。イベント中はフルボイスです。ここびっくり。もちろん戦闘中もフルボイスです。
 さらにはクリア後の「その後」にもご出演なされます。シャンバラで大暴れの模様。正にシャンバラを征く者。


⑥次回作に望むことは?

 これ以上何を望めばいいんだべ。アキレスもクーも望ちゃんもジークもシーンがあったし。あ、ヘラクレry


 そういえばアトラスはなかったな・・・。

 あれかな、次回作は今度こそ

①開始時に好きな国に所属できる。

②所属した国別に濃厚なイベント群。

③1キャラ1シーンとかじゃなくて、個別ルート作ってエンディングもマルチに・・・!


 むりか。しってた。ちゃりんこりんりーん。
 まぁ、だったら戦極●とか三極●とかやってろって話ですよね。



⑦最後に

 本来ならこんなに長く書くつもりじゃなかったとよ。シーン書き出しは別にしても、20~30行で終わりにするつもりだったとよ。いつの間にか朝だぜ?7時間くらい書いてたんですけど。このまま仕事なんですけど。

 長々とお付き合いのほど、ありがとうございました。また・・・何かでお会いしましょう。多分次は艦これの春イベント記事です。

ご案内

プロフィール

えんり 

Author:えんり 
キレやすい幼い心をそのままに大人になったキッズ

右サイドメニュー

FC2カウンター

ブログ内検索

広告ふり~えりあ