私事のブログ

ただのチラシの裏

Entries

ロックオン積み込みビクトリー 一応レビュー

 とりあえずレビューしておきます。

今回もクソゲー認定しているので、ファンの方は噛み付かないでください。ブラウザバックしてくださいね。閲覧は自己責任。
それに付随して、管理人のプレイングスキルが低くて難易度が高く感じるだけという可能性もあります。まぁ、トリガー云々にそんなのはカンケーねーけど。



 「ロックオン(狙い撃つぜ)ビクトリー」の名に恥じぬ積み込みゲーです。前作を上回っているのではないでしょうか。あ、忘れていましたが「カードファイト!!ヴァンガード ロックオンビクトリー!!」とかいうゲームのレビューです。タイトルとかどうでもいいですが。

 非常に自由奔放な設定がされており、CPUの初期手札、ファーストドローの枠を突破し、こちらの初期手札、マリガン、ファーストドローにまで手を出してきます。スタート時にトリガーが3枚以上手札にあるとかざらです。「初期手札にトリガーが多ければ、その分ガードできるということだ(キリッ」とか書いてあったwikiがありましたが(本wiki)私はそうは思えませんね。展開の遅れは確実で、ただ単にやらなくても良かったガードに手札を消費することになり、更にはトリガーという重要なアドバンテージを引き寄せるファクターを失っているだけです。
 よしんば、実際のリアルファイトではその節が的外れ出ないとしても、この狙い撃つぜビクトリーの中では通用しません。CPUが引きたい時にトリガーを引く能力を常時有している中、こちらは初期からトリガー枚数にハンデがあるとかどうにもなりません。まぁ、トリガーがちゃんと山にあっても引かせてもらえませんが。勘違いしないで欲しいのは

このゲームは「トリガーなどの計算の中に存在する運の要素を絡めつつ対戦を楽しむゲーム」ではなく「CPUに都合よく積み込まれた山札をなんとなく引きつつ、CPUが事故る乱数を引き当てるまでサレンダーを繰り返すゲーム」だということです。
 ヴァンガードというカードゲームの様相を模してはいますが、ほぼ別ゲーとなっております。反論は認めない。

 もちろん、今作にもトリガー操作はあります。狂ったように都合よくトリガーを引くCPU、全く引けないプレイヤー側。

「この2枚のトリガーチェック、どちらかがトリガーならば勝てる。しかも山札とトリガーの残り枚数的に、1/2でトリガーを引ける。勝負だ!!」

 みたいな展開は、そもそも勝負が始まってすらいません。トリガーは引けません。私は数十回そのような展開が今作でありましたが、9割がた引いていません。次の相手のターンを凌ぎきれる手札を持っていたとしても、待っているのはCPUのトリガーチェックでのトリガー連射です。「ちょっと楽になりたいからヒールトリガーを一枚山札の上に置いておいて・・・あとは適当にドロートリガーでもおいておこうかな♪」といった具合です。「ダブルトリガーの引き方?簡単だよ、山札の中から好きなトリガーを選んで一番上に2枚置けばいいだけじゃない。デッキを弄るのはバトルに入る前にしておかないと、時間をとって相手に失礼だよ!」ってな具合です。

 CPUがダメージ5、こちらのリアガードかなにかの攻撃で、確実にCPU側は防げる方法があるのにノーガード宣言をしたとします。勝利を確信して喜ばないでください。トリガーチェックはヒールトリガーです。ダメージは振り出しに戻り、CPUのヴァンガードは+5000されます。ものすごく頻繁に起こります。その次のアタックは手札を切って止めてきます。つまりはヒールトリガーが山札の一番上にあるといことを知っていたということです。たまに間違えてクリティカルトリガーを仕込んであるのは愛嬌なのでしょうか。可愛くありません。


 ただ、全く勝目がないかというと、そんなことはありません。

基本的に3回くらい読み勝つと勝利が見えることがあります。

 もちろん、この読み勝つというのは単純に相手をダメージ5に追い込んでから、自軍のヴァンリアガード3体以上で殴るなどという低レベルな話ではなく「相手の盤面や手札の見えていたガードも考慮に入れて、普通ならば殴れば勝てる」という段階の話です。

 一回目の総攻撃は、大体の場合はCPUのダメージ4で、こちらが3体以上で殴れるときだと思います。CPUの手札は5枚ほどでしょうか。基本、この場面は現実でもしのがれる可能性が高いと思います。手札を切るなりなんなりすれば問題なくいけます。しかしCPUはトリガーチェックでほぼ100%回避してきます。ヒールトリガーによるダメージ軽減が基本です。実戦では「なかなか運がいいな」という話しになりますが、CPUの場合は基本の流れでヒールを引くようになっています。もしもここでヒールを引かずに別のトリガーを引く、又は何も引かない場合、次の自分のターンのための布石かと思われます。1回目の総攻撃を切り抜けたあと、CPUは自分のターンのトリガーチェックで当たり前のように回復してきます。もしもヒールが出なかった場合、もしかしたらチャンスかもしれません。が、別の方法で回避手段を用意していることはほぼ間違いないので、あまりよろこばないでください。

 2回目の総攻撃、色々あってダメージ4のままのCPUは、ここでダメージ時のトリガーチェックによる回復を試みます。もしもヒールを引かずにダメージ5となった場合、「お前、どこから引いてきたんだよ」と突っ込んでしまうほどセンチネルによる防御を行ってきます。サーチデッキであるとかそういうのは関係ねーです。他には、手札からガードに10000を連射してきます。トリガーで手札にあったとかそんな生易しいものじゃありません。たぶん手札のいらないカードを、山札とこっそり交換しています。まさかそんなwwとお思いのアナタ。それができるのがゲームであり、それしかできないのがFuRyuです。第二回目の総攻撃も、何事もなかったかのように防がれます。そしてCPUのターン。自前のデッキの特性によっては、これ以上耐えることが難しいでしょう。おつかれさまでした。長くなるので、ご自身の攻撃が終わる前にサレンダーをおすすめします。
Q:「ト、トリガー引けばまだ耐えられるよ!ヒールだって出るかもしれないし!!
A:残念ですが引けません。基本的に幸運はプレイヤー側には訪れません。トリガー要素を抜きに考え防ぎきれない場合は、諦めてサレンダーしましょう。超オススメです。

 CPUの猛攻と度重なるイカサマを乗り越えて、やっと訪れた3回目の総攻撃チャンスです。
Q:「センチネルも結構落ちてるし、もう相手のトリガーはほとんどない。デッキはまだ25枚近くあるし、流石にこれ以上の偶然(笑)は怒らないだろう・・・!」
A:残念な方向で余裕です。ここから奇跡(真顔)のヒールトリガー引きが起こります。他にも、最後の一枚だったりするセンチネルをなに食わぬ顔で手札に加えていたりと、更なるやりたい放題です。基本的に相手の倍くらいの戦力を保有していないと、積みきれません。ですが、ここでやっと勝目が見えます。見えるだけかもしれません。もし3回目で詰めなければ、次のCPUのヴァンガードの攻撃でのトリガーチェックをご期待下さい。きっと期待通りにトリガーを引きます。

 4回目の総攻撃です。ここまでくれば勝利は目前です。あとは丸裸の相手ヴァンガードを殴るだけです。流石にこれ以上の引き伸ばしは怒らないことが多いです。やりましたね、お疲れ様です。

基本的にこんな感じです。
もちろん、すべての試合でこの限りではありません。が、大体はこんなかんじです。正直萎えます。


 めんどいのでまとめ。

悪い点
・基本的なCPUの強さが、積み込みによるプレイヤーとCPU自身のゲーム操作による。この手のゲームでは仕方ない・・・わけはない。制作側に実力がないだけである。


・なんか3D少なくね?このROMは何ギガ採用してるの??

・沸点が低いプレイヤーは3DS本体ごとぶっ壊しかねないほどのストレスマッハ。自制できるプレイヤーは、乾いた笑いしか出てこないか、うんざりして中古ショップへGO。


良い点
・追加エキスパンションがものすごく増えた。
ブースター:騎士王降臨~無限転生
エキストラ:歌姫の饗宴~歌姫の二重奏(コミックスタイルも収録)
その他:ファイターズやPRなどが入っているパックがある

・CPUのイカサマをくぐり抜けての勝利は、なんだかよくわからない自信につながる。


総評
クソゲーなので買うな。

・おすすめな人:「封入カードが欲しい信者」「リアルでヴァンがれない人」「そもそも友達いないけどヴァンがりたい人」「CPUにトリガーを連射されたり、自分がトリガーを弾けない、又は明らかな無駄引きをさせられることに快感を感じることができる人」

・おすすめできない人:「沸点が低い人、怒りがたまった場合に捌け口がない人(本体に当たらないように注意)」

開発人に「このままのシステムで次回作も大丈夫!」と勘違いさせないように、ある程度売上を落とすべきなので買わないことを推奨します。むしろ次回作とかいらんけど。むしろこんな会社潰れてしまえ。

 私見としてはこんなところですが、実は買ったことには後悔していません。いやしてるわ。前作でこりてたのになんで買ったのか。たぶんCPU戦主体にしているからクソゲー認定なんだと思います。ネット対戦主体であれば、少なくとも積み込みが起こることは・・・・と思うのですが、実際のところファイトを開始した時点で、自分の運勢みたいなものを決める乱数が毎回割り振られて、完全なランダムではなくどちらかのプレイヤーにある程度偏るようになっているのかも知れないと思っています。CPU戦はそれが顕著で、9割方CPUに偏るようになってるんじゃないかと。前作wikiでも「勝利のコツは、相手が事故るまで諦めないで挑み続けること」ってありますしね。なんだよそれ、意味わからんwwwwデッキの強さやプレイング関係ないじゃんwwww
 で、私ですが、これからGEOあたりにダッシュしてこ・・・・ないよ?まだ続けるよ?実際のところ乾いた笑いしか出てこないですが、それでももう少し続けてみます。みんなも、総評に矛盾してるけど買ってこようぜ!!人口増やそうぜ!!最後には川にでもROM投げようぜ!!

 あ、引き継ぎとかないです。データ保存先が変更された関係上、次回作はあるかもしれない(だっけか?)みたいな話が出ていますが、この手のゲームで引き継ぎさせるとゲーム寿命が短くなるだけなのでやらないと思います。


 しかし、なんででしょうか。このゲームには不思議な中毒性があります。

昨日「あーあ、またトリガー積み込みだよ。もう心が疲れたよ・・・」

次の日「よし、今日もやるか」

 ほんと不思議。

ご案内

プロフィール

えんり 

Author:えんり 
キレやすい幼い心をそのままに大人になったキッズ

右サイドメニュー

FC2カウンター

ブログ内検索

広告ふり~えりあ