私事のブログ

ただのチラシの裏

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマぬ~べ~やぬ~べ~NEO

 ちょこちょこ話しを聞いていたのですが、始まっていますね。そしてひどい出来のようですね。

 ぬ~べ~ファンだったのですが残念ながら見る気が起きません。やはり惨事は二次には勝てないのか・・・。

 ぬ~べ~ネオも、なんだかぬ~べ~から霊に対する情けが薄れている感じがします。2話の「いじめを苦に自殺した女生徒」の霊を「かわいそうに」と言いながらも強制成仏させています。強制成仏とはどういうことなのでしょうか。鬼の手の力によって強制的に現世への未練や恨みを断ち切らせて浄化するということなのでしょうか。除霊とは違うと思うのでそういうことだと思います。成仏って言ってるし。除霊は成仏しないし。昔のぬ~べ~なら、こういう時は

➀どうにかして未練や恨みを解きほぐし浄霊する

②赤いちゃんちゃんこなどのようにその連載の枠では未解決ながらも、時間をかけて浄霊する

③自分自身の未熟さを悔い、断腸の思いで鬼の手によって除霊する(という方向に行くが大体の場合鬼の手が霊にかすると何らかの要因で未練や恨みが浄化されて成仏する)

④どうやってもどうにもならないので、自分の命と引き換えにその場を収めようとする(けど結局はどうにかなる)

 こう言う流れになると思います。「人間、馬鹿になって人を救え」という母の言葉を教えとして生きてきた人ですから、この道から外れることはないというのが鵺野鳴介の生き様でありアイデンティティだと思っていました。それが新連載2話にして覆されるとは・・・。

 このようになった理由としては、多分ですが「新規の読者にわかりやすいように鬼の手を見せておく」「新キャラが心を開く場面なのでわかりやすくしておく」という意図があるのではないかと思います。もしもそうだとするなら、第一話でわいらをわかりやすく鬼の手で退治しているので、ここは自殺した生徒の心の奥底に、鬼の手をつかって語りかけて浄化を試みる(鬼の手には、触れた相手の霊体の記憶を読んだり精神に直接語りかける能力もあります)という方向に持って行って欲しかったです。なぜ強制成仏なのか・・・。ページ数の関係でしょうか。それとも私の予想がことごとく思い込みなのでしょうか。う~ん。てか、新キャラの回はみんな強制成仏だなw(コミックス1巻現在)。

 いろいろウザったく語りましたが、ドラマはみません。コミックスは買い続けます。

地獄先生ぬ〜べ〜NEO 1 (ジャンプコミックス)地獄先生ぬ〜べ〜NEO 1 (ジャンプコミックス)
(2014/10/03)
岡野 剛

商品詳細を見る


 当ブログ、割とちょこちょここのざまの広告を貼ってますが、私自身はアソシエイト登録してないんですよね(めんどくて登録途中で投げました)。なのでここから買う必要は全くありません(意識してここで買っている人もいないでしょうけど)。

ご案内

プロフィール

えんり 

Author:えんり 
キレやすい幼い心をそのままに大人になったキッズ

右サイドメニュー

FC2カウンター

ブログ内検索

広告ふり~えりあ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。