私事のブログ

ただのチラシの裏

Entries

Bloodborneやってる あとは再開したルートダブルとか

 数日前にブラボを買いました。色んなとこでOldHuntersEditionが売り切れてるみたいですが、運良く地元のゲオで発見。最後の一個だったみたい。
 僕はホラゲはかなりプレイしているし、映画もホラーが好き。寝る前の恒例は心霊系の投稿を読むことなんですが、基本ビビリです。なのでかなりゆっくり進行。この手のゲームに耐性のある人はどんどん進んで死んで敵の配置やギミックを覚えるのだと思うのですが、僕はそれができない。もっと心を鍛えなければ行けないのでしょうか。

 で、ブラボを買ってからプレイするまでに3日間かかりました。別に怖くて躊躇っていたというわけではなく、ずっと√Double開始前で止まっていたルートダブルを再開しました。トロフィー欲しかったので・・・。プレイしていたのは√DoubleBCADXEです。タイトルの作り方がすごくうまいですよね。


ファミ通クロスレビュー(失笑)ではゴールド殿堂だったみたいです。「異状なほどに褒めちぎって実際にプレイしたユーザーをがっかりさせる」というのがファミ通クロスレビュー陣の得意技ですが、この作品は文句なしの殿堂です。
「今更紹介?」と思われるかもしれませんが、漫画化などをしていた割には「知る人ぞ知る超名作」という位置みたいですね。偶然このページを見た方が興味をもってくださると嬉しいです。

バナーはPC版ですが、PS3、Vitaで発売しており、PSストアでDL販売もしています。




タイトルが「RootDouble」全四章で構成されていてそれぞれ

√After(事件が起こってしまった直後からという意味で「事件のAfter」)
√Before(事件が起こる直前までで事件のBefore)
√Current(Afterの後、コレが時系列的には現在に相当。なのでCurrent)
√Double(最も未来の話。Currentの先の話)
となっています。
起承転結で言うと、AfterからABCD順表記で「承A」「起B」「転C」「結D」です。

 で、このABCDを並び替えると「Before Crime After Days」となります。意味は作中でも紹介されていますが「大きな事故、事件が起こった場合、その以前と以後では人の価値観が大きく変わることがある」というものです。まさにこの作品にふさわしいサブタイトルだと思います。
Xtendは造語、本来はExtend(拡張)です。XはW(ダブル)の次の文字であり、つなげてできる「WX」という記号は、作中で重要な意味を持っています。公式で由来は紹介されているのですが、Wのことについての記述が無いのでそういうことだと思います。
Eは「ルートABCD、そしてサブタイトルのBCADの次に来る文字」です。XEで追加された新ルート「ExtendRoot」を表しています。

 ちなみに通常のPC版ではトゥルーは√Dで見ることができたのですが、XEは√Eでなければ見ることができなくなっています。
作中にあったRAMシステムは、全て√Eクリア後のおまけになっています。

 エンディングテーマが結城アイラさんの歌う「RondCarousel」なのですが、3rdアルバムに収録されています。ルートダブルを全てプレイした後にこの曲の歌詞の意味を考えると、事件後の登場人物たちの心情が強く伝わってきます。「アルバムは持っているけどゲームは知らなかった」という方は、ぜひゲームの方もプレイしてみてください。

 あ、最後になりましたがトロフィーはコンプしました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えんり 

Author:えんり 
キレやすい幼い心をそのままに大人になったキッズ

右サイドメニュー

FC2カウンター

ブログ内検索

広告ふり~えりあ