私事のブログ

ただのチラシの裏

Entries

仁王の感想

 ダクソより簡単な装備集め要素のあるコエテクの・・・・クソゲー。

 雑魚とBOSSはダクソに比べて雑魚です。初見以外で死ぬのは正直わからない。それくらい非常に単調です。

 「戦国死にゲー」を謡っていますが、敵の強さからくるものではなく、基本的には操作性の不便さから来る理不尽な事故で死にます。具体的な例を挙げてみます。

①ロックの判定が非常にクソであり、敵が見えているにも関わらずに、それがわずかに壁などに隠れているだけでロックができたりできなかったりする。

②上記の①と似ているが、ロックできるはずの位置でロックしてもカメラ移動することが多い。「お前のやり方が悪いだけ」と言われればそれまでだが、正面からわずかにずれるだけで場所によってはロックできない。

③ロック中に敵を落とす(落下一撃死の場所で)と、そのロックにつられて操作をしていないのに自キャラが勝手に動いて一緒に落ちる。

④雑魚中の雑魚以外は大体スパアマ(まぁこれは別にいいけど)

⑤異常状態が異常に長い()。その上効果の度合いがでかすぎる。これは耐性しだいでどうにかなるのだろうか。これもどうでもいいか。


 とにかくロックとカメラ関係がクソです。いつものコエテクです。討鬼伝のほうがまだましだったか。階段を歩くときのカメラはホントにどうにかしてほしい。


 まぁコエテクらしい「難易度を上げる方法を勘違いしている」ゲームです。コエテク恒例の満載バグは、今回はあまり見ていません(いきなり画面暗転→画像が戻ったら落命が1度。回線や機材トラブルではないのでバグでしょう)。

 しかし、面白いものは面白いです。はじめに「クソゲー」と書きましたが、クソゲーが面白くないわけではないのです。クソゲーでも面白いのです。


総評
面白いクソゲー

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えんり 

Author:えんり 
キレやすい幼い心をそのままに大人になったキッズ

右サイドメニュー

FC2カウンター

ブログ内検索

広告ふり~えりあ